ユニクロ×イネス2019春夏で「これは買ってはいけない!」ものレビュー!

スポンサーリンク

2019年2月22日(金)に「ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ」が発売となりました

https://www.uniqlo.com/ines19ss/jp/lookbook/

 

2014年に始まり、もはや毎年恒例となりました。「UNIQLO×イネス」のコラボ。

商品のHPはこちらです。

 

 

「イネス」とはフランスを代表するファションモデル。シャネルの専属モデルなども行ってました。モデルとして華々しいキャリアを積んだのち、デザイナーとしてデビュー。フランスで彼女自身の名を付けたブランドを展開しています。

 

https://bit.ly/2TgX3P6

 

これは「ユニクロ×イネス」のものではなく、彼女自身のブランド「イネス」のルック(宣材写真みたいなものです)。このコーデのように、彼女が手掛けるデザインは、シンプルでありながら品を感じさせる、日本人にとって非常に受け入れやすいパリジェンヌスタイル。ユニクロ価格で彼女が手掛ける美しいデザインが手に入るため、このコラボは毎年楽しみにしている人はとっても多い恒例行事となりましたね。

 

ということで発売日である本日に現物を見てきましたユニクロイネス。年間100万円以上被服費に費やし、徹底的に洋服を見る眼を養った私「おおやり」が、最速でそのレビューをお届けします。

 

 

・・・ただし今回はあえて「買ってはいけない」アイテムを紹介してみます。

私がこれからレビューする「買ってはいけない」アイテムとは「これを着てオシャレになるのは難しすぎるよ。。あえて買わないでもいいじゃないか。。」という品々です。オシャレにする方法はなくはないですけど、オシャレドMの方でもない限り何もそんな茨の道を歩む必要はりません。よければ最後までご覧ください。

 

買ってはいけない代表格!

https://bit.ly/2GDSTLm

 

まずはこちら。「ウルトラライトダウンスタンドカラージャケット(¥6,990)」

 

これ着てオシャレになれる方は素がパリジェンヌです。

 

そもそもウルトラライトダウンの「外見せ」はオシャレに見せるの尋常じゃなく難しい。あまりに流行りすぎて、オシャレに全く興味ない田舎のおばちゃんまで超愛用していてオシャレなイメージなど微塵もない。その独特の素材感から一瞬でUNIQLOと分かるうえに、別に高級感もありはしない。

 

インナー使いにして隠して防寒アイテムで着るなら全然ありですが、「スタンドカラー(立つ襟)」の名に恥じぬ、綺麗に立った隠すことなどできない襟。僕はここにいるよ!隠さないで!と言わんばかり。じゃかましいわ。

 

隠すこともできない。外に出してもオシャレに見えない。そもそも3月で暖かくなろうといているのにウルトラライトダウンを着る意味が分からない。どうしたイネス。フランスの3月はそんな寒いのか。

 

リネンコットンラップブラウス

https://bit.ly/2XfmRud

 

 

 

 

https://bit.ly/2XfmRud

 

 

https://amzn.to/2E3mhHe

 

ちゃんちゃんこ!

 

フィッシャーマンズセーター

https://bit.ly/2tykKnI

 

ぱっと見悪くはない。しかし胸元に注目していただきたい。

 

https://bit.ly/2tykKnI

 

 

誰が得するのそのワンポイント?

 

フィッシャーマンズ(漁師)だから⚓(いかり)だよね。うん分かるよ、意図は分かる。オシャレ的には分からない。地中海へお帰り。

よくも騙したな!

https://bit.ly/2U9Htly

 

お!?これはかっこいいんじゃないか?

「シャンブレーコットンジャケット、シャンブレーコットンワイドパンツ」

シャンブレーというのは超ざっくり解説すると「薄いデニム」と思っていただければ大丈夫です。厳密にいうと織り方とか違うんですが、そんなのみんな興味ないと思うので飛ばします。

 

https://bit.ly/2E5sNgx

 

・・・・ボタン!!!!!!(´・ω・`)

 

これ本当にバチクソ惜しい。その「究極的に安っぽい白ボタン」が全てを台無しにしています。コストカットすべきところを確実に間違えているこのセットアップ。

 

青地に白ボタンなので余計目立つ。ボタンは究極的に服の印象を激変させる箇所です。このボタンのセレクトミスは、ケーキの砂糖と塩を間違えるくらいのミスなので、許されるのは萌え萌えなドジっ子だけです。お直し屋さんとかでボタンを付け替えればいいんですが、9割強の人がめんどいからやりたくないと思います。

 

https://bit.ly/2U9Htly

 

ちなみにこの着用イメージ画像は実に巧みに安っぽい白ボタンを隠しています。腕まくりもしてこなれ感ばっちり。これならそりゃあかっこよく見えます。・・・まあ嘘はついていない。。けど。。

 

 

 

 

・・・良品ないの?

・・・なんかここまでディスるのもあれなんで、比較的良かったものも載せておきます。

https://bit.ly/2Ir8NdF

 

ジョーゼットスカート(¥3,990)

「ジョーゼット」とは、ふんわりとして軟らかい、優しい手触りが特徴的な生地です。

この値段としては最上級の素材感のスカートです。他のブランドなら1万円以上は絶対取る。触り心地は折り紙付きなので店頭で見かけたら触ってみて下さい。ただ欲をいうと、形がもうちょっと横に広がってたら使いやすかったかな。。あとちょっと歩きにくい。あ、全然褒めてない。いや本当に惜しいからつい熱くなってしまったということで一つ。

 

 

 

https://bit.ly/2XlLV2F

 

 

ジョーゼットキャミワンピース(¥3,990)

こちらも、そのあまりの細さから万人にオススメ!とは決して言いません。宣材写真を見てみましょう。

 

https://bit.ly/2XlLV2F

 

・・・こんな完璧な体型してると思ってんのか!!!

 

 

良品紹介じゃないの?とつっこまれそう。ごめんなさい。いや相変わらず素材は極上です。

ただあまりに体型を綺麗に拾いすぎです。

 

綺麗に着こなせる人ならオススメですが。。これを初見でユニクロと見抜ける人はプロでもいません。

 

https://bit.ly/2Eap7Kq

 

着るとしたら1枚ではなく、中にカットソーを着ましょう。今流行の「レイヤード(重ね着)」コーデが完成します。

また、あまりにキャミワンピは「フェミニン(女性的)」すぎるので、靴は必ず「マニッシュ(男性的)」なものを選びましょう。この場合は革靴ですね。大人らしさも担保できるのでベストチョイス。

 

なぜならレディースファッションのオシャレは「フェミニンとマニッシュ」「大人らしさ」の2軸でほぼ決定されるから。このことについて詳しくお知りになりたい方はこちらのまとめ記事をご参照下さいね。

このブログを初めて訪れた方へ

 

 

・・・というわけで今回のレビューは終わりになります。

総括すると、ジョーゼット素材で黒地のものは基本的に当たりです。

ただ、絶対これは買っとくべきだ!と胸張ってオススメする商品は無かったかなあ。。というのが本音。次回に期待します。頑張れイネス!昨年秋冬は良かったぞ!あとメンズ復活してくれイネス!

 


現在、「note」において以下サービスを大好評で提供しています。noteのレディースファッションタグの「定番」を独占するほどの大人気です!よければぜひご覧ください。

 

・2019年春「GUとユニクロで絶対に買うべきアイテム」を「おしゃれに見える理由を解説したコーデ付き」で掲載!

・「あなただけのスタイリストサービス」!

 

noteのURLはこちらの文字をクリックしてください。

 

 

ではでは。記事内容がおもしろければ記事のシェアやツイートを是非!非常に励みになります。

 

スポンサーリンク