異素材ミックス(MIX)コーデとは何か?最も簡単な考え方を解説します。

スポンサーリンク

「異素材ミックス」って何?

こんばんわ、おおやりです。

 

今回は「素材」の話。

服、バッグ、靴など、身に着けるアイテムの素材は実に様々なもので出来ています。

 

その「素材」をバラバラに組み合わせるコーディネートを、一般的に「異素材ミックス」と呼びます。

 

https://bit.ly/2DDnfvc

 

例えばこのコーデは、「デニム」素材のジャケットと「スウェード」素材のスカートを組み合わせる「異素材ミックス」コーデだそう。。

 

・・・しかしこれ、「そんなこと言われても」って感じしませんか?

 

素材なんて無限にあるし、何の素材と何の素材を組み合わせるのがオシャレなんじゃ!!!( ^ω^)

って思いませんか?

 

 

という訳で今回は、異素材ミックスを、最も簡単に定義し、言語化します。

言語化することで「異素材ミックス」を使ったオシャレなコーデを「誰でも簡単に」再現できるようにします。

 

あやふやな「異素材ミックス」の定義はもう終了です。このブログでしっかりと定義付けしますね。

是非最後までご覧ください。

 

異素材ミックスも「バランス」の世界

「異素材ミックス」について説明するために、先ず二つのコーデを見比べていただきます。

比較しやすくするために、どちらも色はオールブラックのコーデです。

 

 

https://wear.jp/

 

まずはこのコーデ。

 

・・・申し訳ないですが、ちょっと「のっぺり」とした印象を受けませんか?

 

 

https://wear.jp/

 

それに対してこのコーデ。

 

いかがでしょう、殆どの方が、「2枚目」の方がオシャレに感じたのではないでしょうか?

 

何度も書いておりますが、「オシャレ」とは「バランスを取ること」です。

これも、その「オシャレのバランス」で説明することができます。

 

 

そこでこのブログでは、「異素材ミックス」を、『「硬さ」と「軟らかさ」を組み合わせること』と定義します。

 

 

https://wear.jp/

 

それを踏まえてもう一度このコーデを見てみましょう。

キャンパス地のシューズとバッグ。軟らかそうなワンピとレギンス・・・

 

 

そう、実はこのコーデ、「硬そうな素材」が一つも入ってないんです。

 

全てが「軟らかめ」な素材のため「メリハリ」を感じることができず、「のっぺり」とした印象を受けてしまっていたんですね。

 

 

https://wear.jp/

 

そしていよいよこのコーデ。

 

アイテムを見ていくと、「『軟らかい』コート、ワンピース」に「『硬い』レザーブーツ、チェーン付きのバッグ」を合わせています。

 

その結果、「軟らかいものと硬いものの対比」により、「軟らかいものはより軟らかく」「硬いものはより硬く」見せ、コーデに「メリハリ」が生まれます。

 

そのため「コーデにメリハリが付いている」ので、1枚目と違って「のっぺり」とした印象が皆無となり、「オシャレな印象」を与えることができているのです。

 

 

 

ちなみに、以前大反響をいただいた記事に「ワンピース、のっぺり問題」があります。

未読の方は、まずその記事をご覧ください。

参考記事:「ワンピースのっぺりorおばちゃん問題を一挙解決!」

 

https://bit.ly/2z2WkWE

 

裏事情をお話すると、この記事では内容を複雑にしないために、「無地のワンピースにはライダースなどのアウターを合わせるとのっぺりしない」という説明に留めておきました。

 

実はこのコーデも、「軟らかいワンピース」に「硬いライダース」を合わせ、「硬さと軟らかさのバランス」を取ることでメリハリを付け、オシャレに見せていたのです。

 

ライダースは1着あると本当に便利。「フェミニンとマニッシュ」「硬さと軟らかさ」のバランスを取ってくれるうえに、丈も短いので脚長効果も発揮してくれる、超お得なオススメアイテムです。

 

異素材ミックスコーデ実例集

http://street-fashion-snap.com/

 

海外スナップを見ると、実に巧みにこのテクニックを使っている方の多いこと多いこと。

 

ニットキャップ、恐らくウールのコート、キャンパス地のスニーカーという軟らかい素材。

これにレザーのバッグという硬い素材を合わせることで、実に自然に「硬さと軟らかさのバランス」を取っています。

 

この画像、ためしに指でレザーバッグを隠してみて下さい。隠す前より「のっぺり」とした印象を受けるはずです。

 

 

 

https://www.pinterest.jp/

 

他にも、例えばこれなんてお手本のようなファーの使い方。

 

「レザーの超ロングブーツ」という硬いアイテムに、「ファーベスト」という軟らかいアイテムを合わせることで、硬さと軟らかさのバランスを取っているんです。

 

「ファーベストは難しい」とよく耳にするんですが、あれは、女性が「硬いアイテムで身を固める」のが珍しいからそう言われているんだろうな、と分析しております。

 

このバランス感覚さえ身に着ければ大丈夫です。例えばライダースにファーベストなんて、硬さと軟らかさのバランスで考えると最高の組み合わせですよ。

 

 

https://bit.ly/2R86yvM

 

この方は日本人ですが、実に硬さと軟らかさのバランスが見事。

「デニム、レザーブーツ」など硬めのアイテムに、「ニットキャップ」を合わせることで、軟らかさのバランスを取りにいってます。

 

想像していただけると分かると思うんですが、これにキャップ(野球帽みたいな帽子)を合わせていたら、こんなに軟らかい印象は得られないはずです。

 

 

https://binged.it/2DPsXLD

 

最後に、このブログでちょくちょくオススメしている(笑)ライダースのコーデ。

ライダースには、ニットキャップが良く合います。

 

・・・もう説明不要ですよね?(笑)

 

 

ここまで記事をご覧いただいた皆様なら、鬼門とされるワントーンコーデ(冒頭のオールブラックのようなコーデ)も、もう怖くないはず。大事なのは「硬さと軟らかさの組み合わせ」です。是非お試し下さいね。

 

 

もし記事内容が面白ければ、下記のボタンでシェアやツイートを是非!更新するうえで非常に励みになります。どうぞよろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク