春と秋に大活躍するダウンベストの着こなし方を解説!コーデはコツを掴めば簡単です

スポンサーリンク

 

こんばんわ、そろそろキャッチーな挨拶が欲しいおおやりです。

「おっはー」とかしか思いつかないよ。・・・今の若い子分かるのか?

 

さて、どうでもいい前置きは置いておいて(笑)、今回のテーマは「ダウンベスト」。

 

 

冬でも、アクティブに動かなければいけない日ってありますよね。初詣に行ったり、若い方は遊園地に行ったりなどなど。

 

 

そんな日って、モコモコしたアウターって超絶動きにくくないですか?

コートでさえ、ひらひらしてるからほんのり動きにくくてイヤだったり。。

 

・・・暖かいのはいいんだけど、どうにか機能性と両立させてくれないものか。特にママたちにとっては、子供がキャイキャイ動き回るんですから「自身の動きやすさ」も非常に大事になってきますよね。

 

https://bit.ly/2CBn7vo

 

そこで「動きやすく暖かい」魔法の洋服、「ダウンベスト」をオススメします。

 

 

( ^ω^)・・・腕出てて寒くないの?

 

 

・・・はい、私も買うまで正直そう思ってました(笑)

これは本当に買った人しか分からないんですけど、実はかなーり暖かいです。関東だったらアウターの上に羽織っちゃえば真冬でも余裕。

 

また、腕が出ているので当然とっても動きやすい。お子様連れのお出かけや、アクティブな遊園地などにはとってもとってもオススメなんです。

 

 

 

( ^ω^)・・・なんかコーデ難しそうじゃない?

 

 

分かりますよ、ダウンベストアレルギーの人ってとっても多いんですよ(笑)。理由は簡単で「ちょっと特殊なアイテム」だから、「着こなし方が分からない」のが殆どの原因です。

 

ダウンベストと似たようなアウターってあまり存在しません。着こなしの経験値が不足して当たり前です。

 

 

という訳で「レディースファッションの教科書」の出番です。確かにコツはちょっと要ります。

ですがそのコツさえ分かってしまえば、ダウンベストの着こなしはとっても簡単です。

 

手荷物もポッケにたくさん入るので本当に便利ですよ。長財布、スマホ、鍵までなら余裕です。一度その良さを知ったら離れられません(笑)

 

是非最後までご覧下さいね。

 

最大のコツは「シルエットを整える」こと

https://bit.ly/2CBn7vo

 

ダウンベストをオシャレに着用するうえで、欠かせない要素は、綺麗な「シルエット」の構築です。

 

モコっとしたベストなので、基本どうやっても上半身の面積が膨らみます。

そこで、最も手っ取り早くダウンベストを着こなすには、「Yラインシルエット(洋服の表面積の上が大きく下が小さい)」を綺麗に構築するのがカギとなります。

 

 

そこで、実は、この写真のように「細いパンツ(この場合はデニム)」を合わせるだけで、とっても綺麗なYラインシルエットが構築できて、かなり簡単にダウンベストをオシャレに着こなせちゃうんです。

 

 

では次に、ちょっと「悪い例」を見てみましょう。

 

https://bit.ly/2CBn7vo

 

 

・・・どうでしょう、「うーん?」感がありませんか?

 

 

 

これはシルエット作りが出来ていないから。

 

 

ダウンベストで上半身が膨らんでいるのに、「ベルボトムデニム(ふわっと広がったデニム)」を合わせているので、下も服の表面積も大きくなってしまっています。そのため、シルエットの「I、Y、A、X」のどれにも属さないので、なんとも違和感のあるコーデになってしまっているのです。

 

https://bit.ly/2BNYoCf

 

ですが、どうか難しく考えないで下さい。このように細いパンツを合わせるだけで、実に簡単にコーデが決まります。

 

 

 

https://bit.ly/2et6qGd

 

ちなみに、どうしてもスカートを合わせたい!という場合でしたら、このように「ミニ」で「タイト(細身)」のものを選んでください。

 

この場合でも、洋服の表面積の、上が大きく下が小さい「Yラインシルエット」は成立します。ワンピースを合わせる場合でも、ミニでタイトめなものを選んでください。とにかくポイントは「洋服の下の表面積を少なくする」ことです。

 

 

https://bit.ly/2AlKPKz

 

また、かなり寒くなってきたら、このように「アウター」の上に重ねて着用してOKです。

 

写真はGジャンですが、ライダース、ジャケットなどの上からでももちろん大丈夫ですよ。この写真、欲を言えば、もっと細いデニムの方がいいんですけど(笑)

なので、ダウンベストを購入される場合は、あらかじめ、ベストの下に着用する想定のアウターを着て試着しに行きましょう。

 

そうすればサイズ感を間違えることはありません。アウターの上から着てパッツンパッツンはNGです。

ちなみに、アウターを着ていない場合にダウンベストに多少ゆとりがあっても、結局その方が、洋服の「上の面積」が大きいYラインシルエットの構築に役立ちますのでご安心を!

 

 

最近秋がすっかり短くなっちゃったので、Gジャンやライダースなどのライトアウターの出番がめっきり少なくなってしまいましたが、真冬でもダウンベストを上から着用すれば全然ライトアウターでも暖かいです。ライトアウターを復活させるという観点からもダウンベストはオススメですよ。

 

シルエット構築のコツが掴めた後のステップ

Yラインシルエットの作り方が掴めた後の次のステップは、「フェミニンとマニッシュの組み合わせ」「大人らしさの担保」です。

これについてご存知の無い方は、こちらのまとめ記事をご覧下さいね。

 

このブログを初めて訪れた方へ

 

ダウンベストは「マニッシュ(男性的)でやや子供っぽい」アイテムなので、「フェミニン(女性的)で大人っぽい」アイテムをどこかに組み合わせる必要があります。

 

https://bit.ly/2GL5kWA

 

一番簡単なのはレザーヒールブーツとの組み合わせ。

 

レザーという大人っぽい素材に、ヒールブーツという非常にフェミニン(女性的)なレザーヒールブーツ。ダウンベストとの相性は最高なんです。

 

https://bit.ly/2Vgdt8W

 

また、ヒールのある靴はムリ!という方は「先の尖ったパンプス」を合わせてあげましょう。これも大人らしくフェミニンなアイテム。ダウンベストとの相性は最高です。

 

 

と、ここまで解説しましたが、まずは何といっても「シルエット作り」がダウンベストは肝心です。

 

あくまでこの「フェミニンとマニッシュの組み合わせ、大人らしさの担保」はネクストステップで大丈夫です。一つずつゆっくりクリアしていきましょう。

 

正直ダウンベストをオシャレに着こなしている人はかなり少ないので、シルエットを整えるだけでかなり他の人よりオシャレになれます。どうか焦らないで下さいね。

 

 

ではでは!もし記事内容が面白ければ、下記のボタンでシェアやツイートを是非!更新するうえで非常に励みになります。どうぞよろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク