本田翼のファッションを徹底解説。顔やスタイル、ブランドではない「オシャレに見える理由」

スポンサーリンク

 

このブログは「レディースファッションのオシャレの教科書」

こんばんわ、おおやりです。

今回はずっとやりたかった、ファッショニスタと呼ばれる「オシャレ有名人のファッションの論理的解説」をお送りします。

 

第1回目は「本田翼」さん

 

https://bit.ly/2JCk8ok

 

とってもかわいいしスタイルもとってもよい。非の付け所のない見た目を持つ方、と言っても過言ではないでしょう。

ですがそれだけじゃ、ここまで「オシャレ」にはなれません。

 

彼女がオシャレなのは「高いブランドを着用しているから」だけでは「全くありません」

彼女も恐らく、鏡の前で何度も何度も試行錯誤と努力を繰り返し、オシャレのレベルを異次元まで昇華させた方の一人のはず。

 

そんな彼女が「オシャレにみえる理由」を、論理的に「言葉」で解説していきます。

 

「言葉」で解説することで、ファッションの「再現性」を高めます。その結果、この記事をご覧のあなたも「本田翼さんのようなオシャレなファッション」を楽しむことが出来るようになるはずです。

 

是非最後までご覧ください。今までの総復習になってしまうので、少々難易度が高い記事になってしまうことにご容赦を・・・。

 

褒めるところが多すぎるけど、真似が可能なコーディネート

https://bit.ly/2qs9mrX

 

 

( ^ω^)・・・可愛すぎるしオシャレすぎる!!!

 

褒めるところがあまりに多すぎるので、一つ一つ因数分解して丁寧に解説していきますね。かなり難易度は高いですが大丈夫。この解説を全て理解すれば、かなり近い印象のオシャレなコーディネートを組むようになれます。

 

①「フェミニン(女性的)とマニッシュ(男性的)の組み合わせ」

※参考記事

【はじめに】レディースファッション特権の「最も簡単におしゃれになる方法」とは?

 

非常にフェミニン(女性的)な「真っ白い大きなスカートと、もこもことしたファーブーツ」。

これに、マニッシュ(男性的)な「ノーカラー(襟のない)ジャケット」を組み合わせています。

さらに「足首付近の細くかよわい部分のチラ見せ」により、「女性らしさ」を強調しているところも素晴らしい。

以上のとおり、非常に高次元で「フェミニン(女性的)とマニッシュ(男性的)の組み合わせ」を実現することでオシャレになっています。

 

・・・さっそく褒めるとこが多いぞ。。先が長い。。(笑

 

②「足を細く長く見せるテクニック」を多用している

参考記事:「足を長く見せるオススメのコーディネートとは」

参考記事:「女性の足を一番細くみせるコーディネートとは」

 

まずは足を長く見せるために「ハイウェスト」で「タックイン」をしてます。

 

また、大きいスカートを合わせているため、腰位置や足の始まりの位置が全く見えないのもポイント。人間は、見えない部分を「理想的な形」で想像し補完します。これにより、腰位置と足の始まりの位置を「本来よりもずっと上に錯覚させる」ことで「驚異の脚長効果」を手に入れています。

 

さらに、ここまで「ふわっと広がったスカート」に対し、「足の細い部分を少しだけ露出する」ことで「対比効果」により「脚をぐっと細く」見せています。

それに加え、スカートで見えない部分を「理想的な形」で我々は想像してしまいます。

つまり、先ほど「ぐっと細く見えた足」が「足全てを細い」ように錯覚させてくれるのです。

 

この「脚長効果」と「足を細く見せる効果」により脅威のスタイルを手に入れています。なんて恐ろしいオシャレなコーデなんだ。。

 

③「色をプチ・モノトーン+1色」に抑えている

※参考記事

「絶対にコーディネートをオシャレにみせる」ファッションにおける究極のカラーテクニック!

 

https://bit.ly/2qs9mrX

写真がだいぶ上の方になっちゃったので、再掲しておきますね(笑)

 

このコーディネート使用している色は、

「黒」の帽子とインナーのニット、カバン、靴。

「白」のスカート。

「グレー」のジャケットと靴のファー部分。

「ベージュ」のジャケットの裏地部分。

 

まさしく「プチ・モノトーン」でまとまったコーディネートです。

これによりコーディネートに「統一感」を持たせ、「まとまりのあるオシャレなファッション」を構築しています。

 

ちなみに、まだ「+1色」の余地があるので、例えばバッグの色をワインレッドにする、などの遊び心を足すことも可能です。ただこれは非常に好みによります。ご自由に!(笑)

 

④「抜群に美しいXラインシルエット」

参考記事:「女性の体形を美しくみせるXラインシルエットについて」

 

まずはこのジャケット、恐らくサイズアップして着用しています。普段「S」を着用する方ならあえて「M」を着用するような感じですね。これにより上半身の膨らみをより一層大きくしています。

 

次にインナーのニット。これはあえてタイトめ(キツめ)なものを着用しています。これをフワッと広がったスカートにタックインすることで、相対的に「くびれ」をより細くみせています。

 

また、「ふわっと広がったスカート(恐らくこれもサイズアップしているでしょう)」で、下の膨らみもより一層強調しています。

 

これにより、とてもメリハリが効いて美しい「ボンキュッボン」な「Xラインシルエット」を作り出しているのです。

 

どこまでも気を抜いていないコーディネートです。こういった「細部の積み重ね」が、このような圧倒的なオシャレの差となって現れるんですね。これだからファッションはおもしろい。

 

総評

https://bit.ly/2JCk8ok

 

いかがだったでしょう、「オシャレに見えるのは論理的な理由がある」ことがお分かりいただけたのではないでしょうか。しっかし解説するの疲れた。。ここまで褒めるとこばかりだと、説明するのも非常に骨が折れます(笑)

 

「オシャレな人」は「先天的な要素だけで作られる」のでは決してありません。オシャレの試行錯誤を繰り返し、長い年月をかけて努力した結果、感覚的にオシャレのコツを掴まれていっているのでしょう。

 

しかし、このブログは「最短」で読者様をオシャレにします。オシャレにみせるテクニックを「言葉」で解説することで、非常に「オシャレの再現性」を高くしているからです。言葉で解説されているのですから、あとはそれに従って真似するだけで簡単にオシャレになれるのです。

 

これからも、オシャレにみせる理論を論理的に言葉で解説していきます。どうぞ更新をお楽しみに!

 

・・・ちなみにこの「総評」の写真のコーデも解説したかったんですけど、もう文字量がとんでもないので(笑)ここまでにさせて下さい。もちろんリクエストを多く頂ければ、しっかりとこの写真のオシャレさも解説します!

 

あ、このコーデ、たぶん全身がロエベってハイブランドなんですよ。・・・いいなあ、羨ましいなあ(笑)

 

スポンサーリンク