タイツってどう選べばいいの?おしゃれに見えるデニールや色、素材のおすすめの選び方を紹介。

スポンサーリンク

タイツってどう選べばいいの?

こんばんわ、おおやりです。

さすがに肌寒くなってきましたね。そこで女性にとって出番になってくるアイテムは、「タイツ」ではないでしょうか。

という訳で、今回は女性特有のアイテム「タイツ」について解説していきます。

 

実はタイツも、非常にオシャレにみせるうえで大事な要素なんですよ。

むしろ、人間の「先端」に近く目立ちやすいタイツは、手を抜くどころか「力を入れて選ぶ」部分です。

 

しかし、市場にはタイツも商品が氾濫しています。ありすぎて何を選べばいいのか分からない!という方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「どのようなタイツを選ぶのがオシャレにみせやすいのか」というのを論理的具体的に解説していきます。是非最後までご覧ください。

 

「色気」はオシャレにみせるうえで大事な要素

タイツの話の前に、申し訳ないですが、まず「色気」について解説させて下さい。

「色気」というのはオシャレにおいて非常に大事な要素。特に異性への印象をUPさせるポイントとなります。

 

そこでポイントとなってくるのは「チラ見せ」です。

「チラ見せ」というのは、非常に「色気」を感じさせます。

 

 

https://bit.ly/2SWtgbx

 

例えばこうした「うなじのチラ見せ」って非常に「色気」を感じますよね。

着物や浴衣を着た女性が美しくみえるのは、こうした「色気」も大きな要因なんですよ。

 

このように、「色気」は非常に異性をドキっと感じさせ、より素敵に感じさせてくれるものです。

また、このうなじのように、素肌を全て出すよりも、あくまで「チラっと」見えるくらいの方が圧倒的に色気を感じるものなのです。

 

 

https://locari.jp/posts/109649

 

ちなみに悪い例として、このように見せすぎだと、ちょっと「やりすぎ」です。色気を通り越して「下品」に感じかねません。

あくまで「チラ見せ」程度が、「大人な色気」を出すポイントだとお考えください。

 

色気を放つタイツとは

先ほどの「チラ見せ」の話を踏まえると、おのずと答えはでてきます。

 

つまり、ほんの少しの「透け感」のあるタイツを選ぶことが、タイツ選びの鉄則です。

 

少し透け感のあるタイツは、肌をほんのり「チラ見せ」してくれます。そこに非常に色気を感じるもの。

そんな透け感は、「デニール」(糸や繊維の太さ)の大きさで決まります。

 

 

https://binged.it/2ATUGb6

 

以上を踏まえ、私がオススメするのは「30~60」デニールのタイツです。

ちなみにファッショニスタの吉田怜香さんは30~50デニールと決めているそう。しかし年齢などにも正直左右される部分ではありますので、30~60デニールが、上品で女性らしい色気を放つラインだと私は考えています。

 

タイツの素材や色について

まず、化繊(ポリエステルなど)特有のテカリがある、安物のタイツは絶対に止めてください。

タイツというのは皆さんが思っている以上に目が行く部分です。そこに化繊特有の安っぽさが混じってしまうと、他を高級な服で固めようが、途端に全身が安っぽく見えます。絶対に注意してください。

 

 

次に色について。

「足を細く見せたい」ならば、黒系一択です。

https://bit.ly/2zBCa5n

 

「黒」という色は収縮色です。

上記画像を比べてみると、左の黒の方が小さく見えますよね?これ実は、全く同じ大きさなんです。

 

このように、実際のものよりも小さく細く見せてくれる黒系の色は、足を細く見せるには最適の色なのです。

 

それでも色を使いたい!という方は、グレー系の色を選んでおくのが無難。

プチモノトーンに入る色なのでコーデの邪魔にもなりません。

参考記事:「ファッションにおける究極のカラーテクニック」

 

もしくは、

http://street-fashion-snap.com/

 

こんな風に全体を「同色系」でまとめちゃえば、カラーストッキングでも成立します。

コーディネートの選択肢は減りますが、より上級者を目指すなら試してもよいかも。

 

 

以上で解説は終了です。靴下でアクセントをつけるコーデももちろんありますが、私にとってはやはり「タイツ」という、男性が決して使うことのできないアイテムを使って、オシャレの幅が増える女性が羨ましい。。

 

という訳で、やっぱりレディースファッションはメンズファッションよりも楽しいなあ。というお話でした(笑)またの更新をお楽しみに!

 

スポンサーリンク