ダサいなんて言わせない。大人の女性の「靴下×サンダルコーデ」とは?

スポンサーリンク

サンダルに靴下はダサい?

こんばんわ。やや痩せ型なのに尿酸値は基準をオーバー!おおやりです。

私ビール飲まないし魚卵も食べないんです。恐らく前世で魚卵の恨みを間違いなく買ってます。

 

 

https://wear.jp/

 

さて、今回のテーマは「サンダル×靴下コーデ」です。

 

 

(´・ω・`)・・・この組み合わせってアリなの?ナシなの?

 

 

これ、近年は本当に毎年聞かれる質問です。お気持ちはほんっとうに分かります。

ネットで検索しても「ダサい派」「アリ派」の真っ二つ。誰も「答え」を教えてくれない。一体答えは何なの!!??どっちなの!?一体どっちなんだい俺の筋肉!?

 

 

・・・ということで、このブログは「レディースファッションのオシャレの教科書」です。

その質問に対し、ハッキリと答えを書きます。

 

ぜひ最後までご覧下さいね。長年の悩みを解決する記事になっているはず。

 

靴下の効能は「子供っぽくなる」「印象を柔らかくする」

https://bit.ly/2SJd1SO

 

「靴下見せ」の効能は2つ。

「子供っぽくなる」「印象を柔らかくする」です。

 

レディースファッションのオシャレは、「フェミニンとマニッシュ」「大人らしさ」の2軸で決まります。詳しくお知りになりたい方は、こちらの記事をまとめ読みして頂ければ幸いです。

このブログを初めて訪れた方へ

 

https://bit.ly/2SeQE2y

 

そして今回のテーマの一つである「サンダル」も子供っぽいアイテム。

 

 

https://wear.jp/

 

つまり「靴下×サンダル」の組み合わせは、「子供っぽい靴下見せ」「子供っぽいサンダル」を組み合わせているため「ザ・子供」のコーデが完成してしまいがちなんです。

 

結果、「大人の女性のオシャレ」とは縁遠くなります。これが「靴下×ソックス」がダサいと言われる理由です。

 

じゃあ「靴下×サンダル」の結論は「ダサい」の?

ここまで書いたので、「そうか靴下×サンダルはダサいんだ」と思ってしまわれたかもしれませんが、決してそうではないんです。

 

https://wear.jp/

 

例えばこのコーデ。靴下×サンダルなのに、「大人の女性」のコーデに感じませんか?

 

特に大きなポイントは、サンダルの「ヒール」と「やや先の尖った形状」にあります。

 

https://bit.ly/2NcWnFe

https://bit.ly/2Gz8FHy

 

この2つを見比べて頂ければ一目瞭然。

「ヒール」「やや先の尖った」サンダルは、「フラット(平面)」「先の丸い」ものに比べ、圧倒的に大人な印象を持ちます。

 

 

https://bit.ly/2U44beQ

 

このような「ヒール」「先の尖った」サンダルならば、「靴下」の子供らしさを打ち消してくれます。

つまり「靴下」×「ヒール、先の尖ったサンダル」は、最高に相性の良い組み合わせなんです。

 

 

このコーデ、「ダサい」なんて印象は欠片も感じないのではないでしょうか。

 

一括りに「靴下×サンダルはダサい」などというのは決してありえません。あまりに大きく括りすぎているから、そのうような誤解が生まれてしまうんです。

 

靴下を合わせることによる魅力とは

途中でも触れましたが、靴下の効能は「印象を柔らかくする」ことにあります。

 

https://bit.ly/2U44beQ

 

例えばこのコーデって、ライダースにデニムと非常にマニッシュ(男性的)に寄りすぎてハードになってしまいそうですが、ハードな印象って殆ど受けないですよね。

 

これは「靴下」で全体の印象を柔らかくしているからです。

 

 

https://wear.jp/

 

ちょっと戻って、こちらのコーデも同じ理屈。

 

シャツとデニムでマニッシュ(男性的)に大分寄っていますが、「靴下」の効能で印象が非常に軟らかくなっています。もちろん「ヒール」「やや先の尖った」サンダルなので子供らしさなど皆無です。

 

 

このように「マニッシュ(男性的)」に寄りすぎて「ハード」になってしまうところを、印象を「ソフト(やわらかく)」にしてくれるのが、靴下見せの最大の魅力といえるのです。

 

春先に「靴下×サンダルコーデ」をするなら

https://bit.ly/2EhZjgK

 

「季節感の先取り」というのは、非常にオシャレに見えやすいです。

 

オシャレは「周りと良い意味で違うからオシャレと思われる」という真理があります。

 

たとえば3月くらいかな。まだ周りが衣替えしきれてない中、春のコーデをすることは「良い意味」で目立つので、非常に簡単に「周りと良い意味で違う」恰好ができます。

 

例えばこんな風にトレンチコートにサンダルの組み合わせなんて最高に季節の先どりでオシャレに見えますよ。

 

 

ただサンダルの素足出しは例えば3月だとあまりに早いので、靴下と合わせてしまいましょう。

このコーデのように「マニッシュを緩和」「防寒」「季節感を先取りできる」という一石二鳥ならぬ、「一石三鳥」のコーデが簡単に手に入ります。

 

 

補足・ヒールが苦手な人は?

https://bit.ly/2ImaLMI

 

ちなみに「ヒールのあるサンダルが履けない。。」という方でしたら、「先が尖っている」というだけで十分です。

これでも十分に大人らしさが担保されます。慣れなかったり痛かったりで無理してオシャレしても一個も楽しくないですもんね。是非、楽しく気軽にオシャレを楽しみましょう!

 


なお現在、「note」において以下サービスを大好評で提供しています。noteのレディースファッションタグの「定番」を独占するほどの大人気です!よければぜひご覧ください。

 

・2019年春「GUとユニクロで絶対に買うべきアイテム」を「おしゃれに見える理由を解説したコーデ付き」で掲載!

・「あなただけのスタイリストサービス」!

 

noteのURLはこちらの文字をクリックしてください。

 

 

ではでは。記事内容がおもしろければ記事のシェアやツイートを是非!非常に励みになります。

 

スポンサーリンク