春秋冬に一番オススメのトップスは「ややピッタリめのセーター」。着回しもしやすいその理由とは?【レディースファッション初心者向け記事】

スポンサーリンク

これからの時期に最もオススメなトップスとは?

こんばんわ、おおやりです。

今回は秋冬の「トップス」の話。

 

「トップス」とは上半身に着る洋服のこと。アウター(コートなど)の中に着ちゃえば「インナー」とも呼びますね。

 

例えば冬、コートを着るのはいいとして、うーん、中には何を着ようか。。とりあえず長袖の着ればいいよね。。と、「なんとなく」でトップスを選んでいる方は非常に多いのではないでしょうか?

 

という訳で、ファッション初心者にオススメする「オシャレに見せやすい」秋冬のトップスを紹介します。

今回は結論から書きますね。

 

 

初心者が秋冬に買うべきトップスは、「ややぴったりめ」の「セーター」です。

 

https://bit.ly/2rhLNT2

 

なぜ、やや「ぴったりめ」の「セーター」がいいのか。

全て「論理的に」「言葉」で説明していきます。是非最後までご覧ください。

 

理由①「フェミニン(女性的)」な要素を簡単に取り入れることができる

当ブログでは【「フェミニン(女性的)」と「マニッシュ(男性的)」を組み合わせれば、女性は簡単にオシャレになる】と解説しています。未読の方は、まずこちらの記事をご覧下さい。

 

※参考記事

【はじめに】レディースファッション特権の「最も簡単におしゃれになる方法」とは?

 

 

「??セーターは男性も女性も着るものじゃないの??」

 

とお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、そのアイテム自体に性差がなくても、「フェミニン(女性的)」な要素を持つアイテムがあります。

 

それは「素材がやわらかく、体のラインを拾ってくれるアイテム」です。

 

https://bit.ly/2QbEWti

 

特に性差で顕著なのは「胸」。

胸の大きさについては人それぞれですが、それこそブラジャーの膨らみだけでも、圧倒的な色気を放ってくれます。

 

つまり、セーターの中でも「ピッタリめ」を推奨したのは、体のラインを拾うことで、非常に「フェミニン(女性的)」な要素を強くしてくれるからです。

 

https://bit.ly/2BNy7oV

 

そのため、あとは1点でも「マニッシュ(男性的)」なアイテムを合わせてあげれば、それだけでオシャレなコーデを簡単に組むことが出来ます。

 

この写真の場合は「スラックス」で「マニッシュ(男性的)」を取り入れてますね。他にも、例えばデニムなどでも十二分にオシャレになってくれるでしょう。

 

 

もちろんセーターの大きさは「ピチピチ」ではいけません。

ただ、動きやすさを重視して、普通くらいのサイジングだと、オシャレに見せるのは少し難しくなります。

 

https://www.uniqlo.com/jp/

 

例えばこれくらいのサイズ感だとちょっと緩い。

体のラインが殆ど出ていないので、フェミニン(女性的)要素はほぼありません。

 

 

https://bit.ly/2QbEWti

 

それに対してぴったりめのサイジングのセーター。

こちらの方が「女性の体のライン」を拾ってくれて、非常にフェミニンではないでしょうか?

 

ピッタリめにするために、普段お召しになってる服のサイズが「M」で緩ければ、ためしに「S」で合わせてみて下さい。

ご自身のサイズに縛られる必要は全くありません。

 

理由②「シルエット」を豊富に組むことができる

シルエットとは、洋服を「スタイル良く」見せる全体の姿のバランスのこと。

代表的なのは以下の4つ(AY入れると5つですが)です。「大小」は洋服の表面積で考えて下さい。

 

 

「Iライン」(上が小さく下が小さい)

「Aライン又はAYライン」(上が小さく下が大きい)

「Xライン」(上が大きく、真ん中がくびれ、下が大きい)

「Yライン」(上が大きく、下が小さい)

 

・・・お分かり頂けたでしょうか?

 

そう、「ピッタリめ」のトップスを選ぶと、なんとシルエットの4種類のうち、3種類もカバーすることができるのです。

 

なお、各シルエットについて、詳しくお知りになりたい方は、以下カテゴリの記事をご参照ください。

参考カテゴリ:「シルエットについて

 

 

https://wear.jp/

こちらは「Iライン」(上が小さく下が小さい)シルエット。

細身のパンツなどを合わせるだけいいので、一番簡単に構築できるシルエットです。

 

 

 

https://bit.ly/2UbOgMj

これは「Aライン」(上が小さく下が大きい)シルエット。

 

スカートはなるべく「ふわっ」と横に広がっているのを選ぶのがコツ。

この写真のように、「上が小さく下が大きい」のメリハリがついて、非常に綺麗なシルエットになります。

(この写真はスカートを風にたなびかせてるでしょうけど(汗))

 

 

「ふわっとしたスカート」を選ぶコツは、以下参考記事をご覧くださいね。

参考記事:「風にたなびかせたようにふわっと広がるコートやスカートの選び方」

 

 

 

https://bit.ly/2rku0Le

 

最後に「Xライン(上が大きく真ん中がくびれ下が大きい)」シルエット。

コートで上を膨らませ、ややピッタリめのセーターをスカートに入れてくびれさせ、横に広がるスカートで下を膨らませています。

 

ちなみに、Aラインシルエットでもいえますが、「横に広がるスカート」を探すのが難しければ、「ワイドパンツ」で大丈夫。むしろワイドパンツの方がよいかも。なんぜ商品名が「ワイド」パンツなので(笑)、下が大きい洋服として一番探しやすい。

 

 

以上に挙げたように、3種類のシルエットを組むことが出来るので、着回しの観点から述べても、トップスは「ぴったりめ」のセーターを選ぶのが非常にオススメです。

 

理由③「季節感の担保」及び「肌着感の防止」

最後に「セーター」である理由。まず、防寒性はもちろんですよね。

 

また、「見た目に秋冬という季節感を担保してくれる」メリットがあります。

 

https://bit.ly/2UbOgMj

 

例えば再掲しますがこのコーデ。

 

トップスにセーターではなく、普通のコットン素材などの長袖Tシャツを合わせていたら、かなり「春」な感じが出てしまうのがご想像いただけるでしょうか?

 

季節感をあまりに無視すると「オシャレ」とはかけ離れてしまいます。極端な例を言うと、真夏にジャケットを着ていたら明らかに変でしょ?

 

その点オシャレさんは、実にうまく「季節感」を取り入れます。

 

 

セーターは「暖かみ」をコーデに与え「秋冬の季節感」を抜群に担保してくれます。秋冬のトップスとして非常に優秀なアイテムです。

 

 

 

また、セーターは素材に表情があるので、「肌着感」を消してくれるのも非常に大きなメリット。

 

例えば無地のトップスは、「肌着」を想像させ、抵抗のある方がいらっしゃると思います。

 

https://bit.ly/2U8v7L2

 

その点セーターは「素材に表情」があるので、「肌着感」は全くありません。

 

・・・ベージュのトップスなんて、下手したら「おばあちゃんの肌着」みたいになるでしょ?でもセーターならそんなことには絶対になりません。安心して1枚で着用することができます。

 

 

以上で解説は終了します。

もうメリットしか私には見つからない「ややぴったりめのセーター」。是非これからトップスをご購入される方はご参考に!

 

今回は記事が長くなってしまって申し訳ありません。ですがそれだけ伝えたいことが多かった今回。

もし記事内容が面白ければ、下記のボタンでシェアやツイートを是非!更新するうえで非常に励みになります。どうぞよろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク