「初冬」に女性が「避けるべき」たった一つのコーデのルールを紹介!初冬に男性ウケが良いアイテムも紹介します。

スポンサーリンク

いよいよ冬の到来、服は何を着ればいいのでしょうか

急激に寒くなりましたね。皆様、体調にはくれぐれもお気を付けください。

というわけで、娘と仲良く風邪を引いたおおやりです。子供の風邪はなぜあんなにも強力なんでしょうか。

 

 

さて、12月も半ば。秋も終わり、初冬の時期です。

季節の節目になると「~の時期に~を着るのはおかしいですか?」という質問を頻繁にインターネットで見かけますね。

 

そのお気持ちは非常に良く分かります。変に見られてないかな?など不安になりますもんね。

 

 

そこで今回は、「初冬」の時期に「これだけは止めましょう」というレディースコーデのルールを紹介します。

このルールさえ守れば「初冬のオシャレ大失敗」は防げます。是非最後までご覧ください。

 

前提として「不自然」は決してオシャレに見えない

まず大前提ですが、「季節感」というのはオシャレに見せるうえで大事な要素です。極端なことを書きますと、真夏にロングコート着ている人を見てどう思うでしょうか?「オシャレだ」と思う人はほんの少数でしょう。

 

つまり「季節感が大事」というのは、「不自然さ」は決してオシャレには見えない、ということなんです。

それを踏まえると、初冬に「避けるべき」コーデの答えが出てきます。

 

 

https://bit.ly/2Cj6zrW

 

初冬に避けるべきコーデは、「暖かそうなアイテム」と「10%以上の素肌見せ」の組み合わせです。

 

10%というと、手首付近、足首付近、首回り付近のうち「一つ」で「ギリギリ」の面積です。

 

例えばこの写真のコーデ。

非常に暖かそうな帽子を被っているのに、こんなに素肌を出していては、暑いのか寒いのか分からず、「不自然さ」が際立ち「オシャレ以前の問題」となってしまうのです。

 

このルールは当たり前に見えるかもしれませんが、微妙に寒い時期、この組み合わせをしてしまっている女性はかなり多いんですよ。

 

 

https://bit.ly/2Etg4pJ

 

他にも、こんな「マフラー」と「太もも見せ」の組み合わせも不自然です。

 

足首付近なんて比較にならない面積の素肌が出てますよね。マフラーを巻いているのにこんなに素肌を出していては、暑いんだか寒いんだか正直分かりません。「オシャレ」の前に「不自然さ」が際立ってしまうんです。

 

 

street-fashion-snap.com/

 

なので、このコーデくらいが本当にギリギリのラインなんです。

 

「ダウンコート」と「足首付近の素肌見せ」の組み合わせですが、これで本当にギリギリの組み合わせです。

これを決して超えないくらいの素肌見せで初冬はコーデを構築して下さい。不自然さが出てしまう可能性は著しく低くなりますよ。

 

 

男性ウケは露出はあった方がいいって聞いたんですが。。

 

ここまで説明しましたが、たまにファッション雑誌の合コン特集などで「少し露出はあった方が男受けは良い」などという文言を見かけます。

 

 

 

( ^ω^)・・・寒いでしょうが!!!!

 

私は、合コンなどのため、不自然なオシャレになるうえに、寒いのを我慢して露出を増やす女性を増やしたくありません。露出なんかしなくても、男性受けの良い冬アイテムはあるので紹介します。

 

https://www.uniqlo.com/jp/

 

それは「ぴったりめ」のセーターです。

 

なぜ「露出」を合コン特集で推めるのかというと、それは一番簡単に男性との「性差」をアピールできるから。

そんなことをしなくても「ぴったりめのセーター」なら、女性らしい体のラインを拾ってくれるので「性差」を簡単に強調できます。暖かみもあるアイテムなので、男性受けは非常に抜群。正直、秋からの合コンで困ったらこれを迷わず着て下さい。100%男性受けが良いと断言します。

 

また、男性受けなんか関係なく「ファッションアイテム」としてもぴったりめのセーターは非常に有効です。

これについてはこちらの記事をご覧下さいね。

 

【ファッション初心者向け記事】レディースで秋冬に一番オススメのトップスは「ややピッタリめのセーター」。コーデで着回しもしやすいその理由とは?

 

という訳で、今回の「初冬に避けるべき」コーデの解説は終了です。ちょっと脱線もしちゃいましたけど。

オシャレの基本は「いかに不自然な点を無くすか」にかかってます。それさえ分かれば、どんな季節のコーデでも怖くはありません。是非ご参考にしてくださいね。

 

もし記事内容が面白ければ、下記のボタンでシェアやツイートを是非!更新するうえで非常に励みになります。どうぞよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク