2018秋冬~2019年春夏のファッショントレンド「ジェンダレス」誕生の背景を徹底解説。

スポンサーリンク

ファッションは「世界を良くしたい」ことを願う芸術作品

今回はちょっと読み物的な記事。「ファッションのトレンド(流行)」の話です。

 

ブランドにもよりますが、デザイナーは「洋服という芸術」を通して、「世界をこう良くしたい」という思いを伝えます。それが「トレンド」、いわゆる流行となることがあります。

 

ちょっと以前書いた記事の続きになりますので、まだ未読の方は、先に以下の記事をご覧ください。

参考記事:「2018年秋冬~2019年春夏のファッショントレンド「ジェンダレス」って一体何?」

 

今回は、以前記述したような「こうしたらオシャレになれるよ!これが流行りだよ!」という内容ではありません。

 

以前書いたように、2018年秋冬~2019年春夏のトレンドは「ジェンダレス」です。

ではこの「ジェンダレス(性差を無くす)」というトレンドがなぜ生まれたのか?

デザイナーは「何を訴えたいのか?」というお話です。

 

 

前回の記事では「多様性が世界のトレンドで、その中で、性差など関係ないジェンダレスが台頭してきた」とまとめました。

 

しかしそもそも、なぜ数ある「多様性」の中から「ジェンダレス」が台頭してきたのでしょうか?

 

今回は、その発端や背景を解説していきます。

いかに「ファッションが世相を反映しているか」がよく分かります。是非最後までご覧ください。

 

「ジェンダレス」誕生のきっかけはトランプ政権

「ジェンダレス」がファッションショーに鮮烈に表れたのは「2017-2018年秋冬のニューヨーク」です。これは、ちょうどトランプ政権が誕生して一か月の時でした。

 

まず前提を記述しますが、トランプは「女性軽視者」です。

数々の女性軽視発言を彼は行ってきました。

 

そんなトランプは、女性スタッフに「女性らしい恰好をしろ」と命令していました。

 

これに対し世の中の女性は、「各々が考える女性らしい恰好」をしてインスタグラムに投稿し、「女性らしさ」とは何かを訴えるムーブメントが起きました。

 

そんな中で生まれたのは「フェミニズム運動」です。

 

「フェミニズム」とは「性差別を廃止し、女性の権利の拡張を求める」思想です。

 

2017年秋冬のニューヨークのファッションショーは、そんな思想のうねりの中で開催されました。

つまり、このファッションショーは、デザイナーたちにとっても「フェミニズムとは何か?」を各々考え発表する場となったのです。

 

 

以下、そのファッションショーの一部を掲載します。

 

https://www.fashion-press.net/

 

https://www.fashion-press.net/

 

その結果はこの通り。

この年のニューヨークのファッションショーは非常に「メンズライクな服」が並ぶことになりました。

 

つまり、この年に各デザイナーが考えた「性差別を無くす」ことは、「女性が男性的な装いをすること」だったのです。

 

これが「ジェンダレス」台頭の発端です。

 

 

https://www.fashion-press.net/

 

その発想はニューヨークだけにとどまらず、世界最高峰のパリのファッションショー(画像はパリのステラマッカートニー)にまで広がるなど、「世界的なうねり」となっていき「トレンド」となっていきました。

 

「フェミニズム運動を通して、女性の権利を主張する」

これが各デザイナーの訴えでしょう。

 

その後アメリカでは、「#METOO」運動(映画プロデューサーにセクハラされたと女優が訴えた事件)に象徴されるように、女性の権利が間違いなく強まっています。

 

デザイナーの「ファッションを通して、世の中を良くしたい」という願いを、世界は叶えてくれてくれているように私は考えています。

 

一人の天才デザイナー

偶然なのか必然なのか分かりません。

ですが私は今、世界中のデザイナーで一人、間違いなく天才がいると確信しています。

それは「DIOR」の「マリア・グラツィア・キウリ」。

 

先ほどまで取り上げたフェミニズム運動は「2017年秋冬」。

しかし「2017年春夏」から彼女はフェミニズム運動を訴えかけていました。

 

 

 

https://www.fashion-press.net/

 

この時のショーのテーマは「フェンシング」。フェンシングには、男女で衣装の差がありません。

「男女の性差を縮めたい」というのが彼女のこのショーにかける願いだったはず。

 

そんな思いを象徴するのがこの写真。Tシャツをよくご覧ください。

 

「 WE SHOULD ALL BE FEMINIS(私たちはフェミニストであるべき)」

 

という力強いメッセージが書かれています。

・・・これは偶然なんでしょうか?彼女の思いが必然的に世界に広まったんでしょうか?

「神のみぞ知る」というやつですね。

 

 

という訳で、解説を終了します。もし記事内容が面白ければ、下記のボタンでシェアやツイートを是非!更新するうえで非常に励みになります。どうぞよろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク