2018年秋冬~2019年春夏のファッショントレンド「ジェンダレス」って一体何?(前編)

スポンサーリンク

そもそもトレンド(流行)って何?

こんばんわ、おおやりです。

今回はファッションを語る上では避けて通れない「トレンド(流行)」の話。

 

雑誌を開けば必ず掲載される「トレンド(流行)特集」。そもそもトレンドって一体何?誰が決めているの?あ、分かった!これを流行らせようとするファッション業界の陰謀でしょ!!!

 

 

 

・・・・・・お気持ち超絶分かります!!!

 

 

私もファッションについてここまで勉強する前は全く同じことを思ってました。

事実、企業側が無理くり仕掛けてヒットさせたトレンドがあるのも確か。。(何とは言いませんけど)

 

ですが、トレンドの本質はそんなところにありません。

これについては、大人気ファッションブログであるノウアーマグに、こんな分かりやすい記事が出ています。

参考記事:「流行のシャワー効果、流行はどこから来てどこへ行くのか」

 

つまるところ、海外のいわゆるハイブランドがまず「大元」を打ち出し、それを各ブランドが真似していくことで「流行」が作られていく。。。という内容となっております。

 

つまり、ファッション雑誌等が、トレンドの「大元」を作りだすことは基本的に不可能です。

主にハイブランドが作ったもので、かっこいい!素敵!と思われたものを、国内のあちこちのブランドが真似し始めたところで、ファッション雑誌は「トレンド特集」として打ち出すんですね。

 

トレンドを取り入れる際の注意点

以上の経緯を経て、今年の流行はコレ!!とテレビや雑誌で特集されています。

しかし持論で申し上げると、「テレビ」で特集されたトレンドアイテムについて、これからそのトレンドアイテムを揃え買い始めていくのは全くオススメしません。

 

なぜなら、テレビで紹介された「トレンド」は、もう終焉を迎え始めているからです。

 

 

もう一度、ノウアーマグの記事を参考に解説していきましょう。

参考記事:「ファッションにお金はかけるべきなのか?」

 

https://bit.ly/2Sijbph

上記ノウアーマグの記事の言葉を借りて解説すると、「トレンド」とは波のようなものです。感度の高いおしゃれエリートが超絶おしゃれ!と思っても、マスである一般層の心情にはさっぱり理解できないアイテムもあります。少しづつ波が下降していって、一般層に受け入れられはじめたところあたりで、あの人超絶オシャレ!となります。

 

逆をいうと、マスである一般層の心情で一番イケてる!と思うものは、もはや皆が着すぎて、いわゆる「量産型」となってしまい、オシャレではなくなってしまっているのです。

 

このトレンドの波の表(ほんとこの表良くできてるよなあ。。)でいうと、テレビという「マス(一般層)メディア」で紹介されたものは、「波の最下部付近」まで来ています。

 

つまり、テレビで特集されたものが、もうオシャレじゃない!とは全く言いませんが、

『これからそのアイテムを買い足すのは、オシャレになるうえで賢い買い物とはいえない』

ということに注意してほしいのです。

 

以上の理由より、トレンドアイテムは、なるべく早め早めに購入しておく必要があります。トレンドの波が上にあるうちに買っておけば、それが廃れるまで長く長くトレンドを楽しめますからね。

 

ちなみに今回の記事見出しでいう「2018年秋冬のトレンド」とは、ハイブランド系列のトレンドです。つまり、まだトレンドの波のかなり上層にある内容となっております。マス層まで下降するのはまだまだ先の話。

 

 

・・・で、ここまで書いておいてなんですが、文書量がかなり長くなってきてしまいました(涙)

次回の記事で2018年秋冬のトレンドについて記載していこうと思います。

 

後編はの記事はこちらです!

2018年秋冬~2019年春夏のファッショントレンド「ジェンダレス」って一体何?(後編)

 

 

 

スポンサーリンク